1954年のクラス優勝マシンを再現 ブリストル450ル・マン 異彩のツインフィン 前編

公開 : 2023.01.21 07:05

異彩を放つスタイリングのレーシングマシン、450ル・マン。可能な限り充実に再現された1台を、英国編集部がご紹介します。

予想を裏切るツイン・テールフィンの後ろ姿

年代物のクラシックカーでも、斜め前方から撮影した写真を見れば、後ろ姿は想像できる場合が多い。しかし、すべてがそうとは限らない。小柄なブリストル450ル・マンは、予想を裏切るスタイリングをまとう。

不自然に長く見えるプロポーションは、デザイナーの空気力学に対する考えによるもの。横へ回ると、戦闘機のように細長いだけではないことがわかる。垂直尾翼のようなテールフィンが、弧を描くリアエンドに突き出ている。2枚。

ブリストル450ル・マン(1954年仕様の再現モデル)
ブリストル450ル・マン(1954年仕様の再現モデル)

機能美とも表現できなくないボディは、フランス人アーティストのオリヴィエ・ボレ氏に強い動機付けを与えた。失われたクーペボディを蘇らせたいという衝動に。

「空力特性に長けたモデルを探していました。特徴的で珍しいデザインが好きなんです。ブガッティ・アトランティーク(タイプ57)のような、流線型へ魅了されてきました」。かなりのクラシックカー・マニア、ボレが経緯を説明する。

「でも、魅力的なクルマの多くは入手が難しい。価格も高すぎます」。と話す彼は、ブリストル404のオーナーだった過去がある。テールに小さなフィンが生えた、滑らかなボディのクーペだ。450ル・マンへとボレを導いたきっかけになった。

このブリストルは、1950年代初頭のル・マン24時間レースへ向けて4台製造されているが、現存するのはシャシー番号11の1台のみ。しかしロードスターにコンバージョンされ、余生を過ごしている。

クーペボディ復活への糸口になった対面

グレートブリテン島南部、ウィルトシャーを拠点にブリストル・カーズの再生を図るコーチビルダー、ミッチェル・モーターズ社のアンドリュー・ミッチェル氏とボレとの対面が、クーペボディ復活への糸口になった。アイデアはプロジェクトへ進展した。

「ミッチェルは惹き込まれるように関心を示しました。オリジナルが消滅しているので、考えは正当化されました。他に存在するクルマのレプリカではないという点で」

ブリストル450ル・マン(1954年仕様の再現モデル)とオーナーのオリヴィエ・ボレ氏
ブリストル450ル・マン(1954年仕様の再現モデル)とオーナーのオリヴィエ・ボレ氏

2人は可能な限りブリストルの部品を用いることに決め、シャシー探しからスタート。スペースフレームのオリジナルは、遥か以前にカタチを失っていた。

「ミッチェルが、1953年に作られた406の開発用シャシーを発見しました。もちろん、ベースとして即決で買いました」。ボレが笑みを浮かべる。

次は、標準のソレックス・キャブレターを1基ではなく、ツインチョークでキャブレターを3基搭載した「12パイプ」と呼ばれるエンジン。インテークダクトとエグゾーストパイプを合計して、12本のパイプが備わることからこの名が付いた。

生産数が限られたユニットだったものの、ボレが発見。できる限り当時の状態へ近づけ、リビルドを完了させた。

トランスミッションはル・マン仕様ではトランスアクスルだったが、これは断念。オーバードライブが備わるブリストル社製の4速マニュアルが、直列6気筒エンジンの後方に組まれている。

「このレイアウトで、エグゾーストの取り回しに影響が出ています。でも、複雑なマニフォールドのカタチは当時と同じです」

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

1954年のクラス優勝マシンを再現 ブリストル450ル・マン 異彩のツインフィンの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

ブリストルの人気画像