ロータス・エキシージSにパドル・シフト・モデル登場

公開 : 2014.10.24 22:30  更新 : 2017.06.01 02:11

ロータスは、エキシージSにパドル・シフトを備えたオートマティック・モデルを追加した。発売は来年1月を予定している。価格は£2,000(35万円)ほどマニュアルに比べて高くなり、クーペで£56,500(978万円)、ロードスターで£57,500(995万円)となる。

ロータスのCEO、ジャン-マルク・ゲールは、”パドル・シフトのオートマティックの登場によって、より多くのユーザーにアピールすることになると思う。2ペダルに慣れたユーザーに、一切の妥協のないまま、エキシージSの持つ信じられないようなパフォーマンスとハンドリングが提供できるのだ。” とコメントしている。

このオートマティック・トランスミッションは、トヨタ製で、エヴォーラIPSにも使用されている6速トルク・コンバーターだ。しかし、エキシージSへの移植に際し、より素早いレスポンスを持つように手直しが行われている。また、スポーツおよびレース・モードも用意される。

すでにテストの最終段階で、そのパフォーマンス・データも近々発表されることになろう。ヘセルのテスト・トラックでは、350psのV6エンジンを搭載するマニュアル・モデルと遜色ないタイムをマークしているという。また、0-100km/h加速のタイムは、マニュアルの4.0秒よりも0.1秒速い、3.9秒をマークしているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事