プジョー208 アリュールGT

公開 : 2012.12.26 16:05  更新 : 2017.05.29 19:01

3ペダルのマニュアル変速の小型プジョー。エンジンは、1.6ℓガソリン直噴4気筒ターボと1.2ℓガソリン3気筒自然吸気。なんと2機種も。「導入メデタシ。輸入元よくやった!!」……と同時に「でも、大丈夫かな?」と思ってしまう人も少なからず(あるいはちょっとだけ?)いることでしょう。

気になるのはそのコクピット環境。右ハンドルの。208の場合、ABCペダルはやはり(左ハンドル比で何十mmか)後ろ寄りの位置にある。つまり、ハンドルが遠すぎるかペダルが近すぎるかのいずれかまたは両方になってしまいそうな方向。でも幸いなことに、テレスコピック方向の調整幅がわりとたっぷりある。それをメいっぱいまで使ってステアリングホイールを手前へ引き寄せると、ペダルは近すぎずハンドルは遠すぎずの兼ね合いのいいところを見つけることが(おそらくほとんどの人は)できる。ひとまず安心。

それと、マニュアル変速だろうとオートマだろうと同じことですがブレーキ関係。プジョー208の場合、ブレーキのマスターシリンダーその他の位置は左ハンドル仕様も右ハンドル仕様も違わない。もちろん左ハンありきの設計なので、右ハンではトランスファーバーが使われている。ブレーキペダルを踏み込んだチカラは“伝達棒”によってアッチ側にあるマスターシリンダーへと伝えられる。それによる踏み応えのフニャつきは、敏感な人なら黙って乗ってわかる。特に敏感でなくても、そういわれてから踏んでみると、そういうものらしいと思える。で、実用上マズいくらいフニャついているかというと、そういうことは別にないです。206や207と較べたらちょっとした天国ぐらい、フツーにブレーキ可。

マニュアル変速と組み合わされるエンジンその1、大きいほう。1.6ℓガソリン直噴4気筒ターボは、カタログ車重でいうと1.7tぐらいまでをカバーしている(シトロエンC5)。それに対して、今回のクルマは1.2t。500kgほども軽いんだからさぞやビュンビュン……かと思うとそうでもない。少なくとも、街なかをフツーに運転しているかぎりは。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

プジョーの人気画像

×