スペシャルショップ

フランス車V6エンジンのタイミングベルト交換、3台連続、変えておけばかなりの距離を走れる

RS UNOの星野です。

8月9月は3台続けてフランス車V6エンジンのタイミングベルト交換を実施。

最後のV6はシトロエンで言うと、C5/C6、プジョーだと407、ルノーは
クリオV6、PRVから始まって息の長~いエンジンです。

シトロエン・プジョー・ルノーに共通して使われたエンジンですが、
年を追うごとに進化して最後は可変バルタイまで付きました。

個人的には壊れにくいし好きなエンジンです。

 

フランス車のタイミングベルト交換

比較的交換時期は長いです。
10年10万kmは持つようです。
もちろん点検必須ですが、ご要望が無ければ弊社では早めに交換する事はありません。

写真はビフォーアフターです。


V型エンジンですので交換点数は結構あります。

タイミングベルト
ベルトを張るタイミングテンショナー
ベルトをスムーズに回すローラーベアリングが3個
そしてウォーターポンプ
付随してドライブベルトやドライブベルトテンショナー

私はなるべく障害物を外して交換します。
フューエルホース
クーラントタンク
ハイドロオイルタンクなど
ついでにLDSオイル(ハイドロオイル)も交換します。

これで20万KmまでOKです。

RS-UNO(有限会社アールエスウーノ)

埼玉県春日部市豊野町1-22-14
TEL:048-738-8912 FAX:048-738-8917
営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
http://rsuno.com/

新着ニュース

ニュース一覧

×