吉田拓生

吉田拓生のプロフィール ニュース/新車情報/試乗記一覧

1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。

吉田拓生の記事

今あらためて試乗 シトロエン・エグザンティアSX(1995年) ひたすら平滑に、フトコロ深く

公開 : 2019.11.24 05:50  更新 : 2021.10.09 22:43

今、90年代のシトロエンに乗ると、何を感じるのでしょうか。1995年式のエグザンティアSXに試乗。一見「ふつう」のクルマに見...

凝縮されたシトロエンのキャラクター エグザンティアSX 魔法のじゅうたん、今なお崇められる

公開 : 2019.11.23 05:50  更新 : 2021.10.09 22:43

1993年にデビューしたシトロエン・エグザンティア。今日の眼で見た時、特筆すべき点はサスペンションシステムにあります。いわゆ...

今あらためて試乗 トヨタMR2(SW20) 生産終了から20年、もう一度注目すべき理由

公開 : 2019.11.17 05:50  更新 : 2021.10.11 14:52

トヨタMR2(SW20)に乗ってみました。カメラマン本人のクルマです。試乗した吉田拓生は、「次のクルマが見つからない」という...

ライバルなき孤高のミドシップ トヨタMR2(SW20) 車格、質感ともに高まった2代目

公開 : 2019.11.16 05:50  更新 : 2021.10.11 14:52

AW11こと初代MR2のデビューが話題を集めた理由は、国産の量産スポーツカーとして初めてミドシップ・レイアウトを採用していた...

今あらためて試乗 BMW Z3 小粋で軽快、「これで充分」と思える懐かしさ

公開 : 2019.11.10 05:50  更新 : 2021.10.11 14:52

たいへんきれいなBMW Z3に試乗。さすがに古さを感じることがありますが、なにより「これで十分」と思える素朴さがあります。完...

BMWのオープン2シーター中興の祖 BMW Z3 アメリカ生まれのオープンエア

公開 : 2019.11.09 05:50  更新 : 2021.10.11 14:52

マツダ・ロードスターから始まった1990年代半ば勃発のライトウエイト・オープンスポーツカーブーム。その間に登場したBMW Z...

いま改めて試乗 スバル・レガシィ・ツーリングワゴンGT-B(BG5) シンメトリカルの効能

公開 : 2019.11.03 05:50  更新 : 2021.10.11 13:38

2代目スバル・レガシィ・ツーリングワゴンGT-B(BG5)に試乗しました。たいへん美しく仕上がった個体は、スバルの持ち物です...

スバル・レガシィ・ツーリングワゴンGT-B(BG5) カタチ/パワー、ワゴンの価値観を変えた

公開 : 2019.11.02 05:50  更新 : 2021.10.11 13:38

スバル・レガシィのヒストリーを振り返ります。水平対向エンジン+AWDという機構上のトピックだけでなく、デザインも注目をあつめ...

マニアひれ伏すV8+3シリーズ アルピナB8 4.6に試乗 20世紀メカニカルチューンの極み

公開 : 2019.10.27 05:50  更新 : 2021.10.11 14:52

イエローのE36 3シリーズ。しかしこれはBMW M3ではありません。特別なオーダーをへて、日本国内で大切にされた「B8 4...

アルピナB8 4.6は、なぜ「例外」なのか V8ねじ込むために「あの手この手」

公開 : 2019.10.26 05:50  更新 : 2021.10.11 14:52

「アルピナ」。ふしぎな響きをもった言葉です。それは、このブランドそのものが、特異なヒストリーを歩んできたからでしょう。なかで...

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像