特別企画

2016.12.14

ランボルギーニ・ウラカン・スパイダー ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

ランボルギーニ・ウラカン・スパイダーは、ひとことで言うならば ‘すべてを叶えてくれるクルマ’ である。

5.2ℓV10エンジンは、自然吸気機構にしか響かせ得ない、和音を辺りをはばからずに撒き散らせる。

屋根を開け放てば、それを直接聞くこともできる。

屋根は開くも閉じるも17秒だし、48km/h以下であれば、走行中でもボタンひと押しで完了する。

ライトウエイト・スポーツカーをこよなく愛する向きならば、スパイダーになることで100kg増した1542kgという、車重を指摘するだろうか。あるいは、オープンになることで低減したネジレ剛性を攻め立てるだろうか。

そんなひとを見つけたら、ひとこと言ってやればよい。

「まず、乗ってみなよ」と。

クルマは機械だが、乗り手は人間だ。人間は、ゾクゾクするような快感にヨワい。大排気量/多気筒エンジンは、理屈を踏みにじることができる。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

エコという言葉が、正義の印籠のように使われるようになって久しい。日に日にシリンダーの数は減り、過給器の存在が増す。それがどうした? と心のなかで思っていたとしても、それを体現するのはむずかしいが、ランボルギーニはやっている。多気筒NAエンジンをこのメーカーが作りつづけるかぎり、われわれはこのメーカーを選びつづけると宣言する。

 

▶ 海外初試乗 / ランボルギーニ・ウラカン・スパイダー
▶ 海外ニュース / ランボルギーニ、ウラカンRWDスパイダーをLAで公開

ランボルギーニ・ウラカン・スパイダー

●価格:£205,000(3,559万円) ●最高速度:323km/h ●0-100km/h加速:3.4秒 ●CO2排出量:285g/km ●燃費:8.1km/ℓ ●ボディ・サイズ:4459×1924×2620mm ●車両重量:1542kg ●エンジン:V型10気筒5204cc ●最高出力:610ps/8250rpm ●最大トルク:57.0kg-m/6500rpm ●ギアボックス:7速デュアル・クラッチ ●タイヤ:245/30 ZR 20 + 305/30 ZR 20

ランボルギーニ https://www.lamborghini.com/jp-en/モデル/huracan/huracan-rwd-spyder


 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧