特別企画

2016.12.14

スズキ・イグニス ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

コンパクトカーとSUVを融合させた新ジャンルが生まれた。その立役者はスズキ・イグニスである。

全長3700×全幅1660×全高1595mm、ホイールベース2435mmという、SUVとして最小の部類のボディサイズは、全幅が1660mmに抑えられて駐車場などで使い勝手がいい。最低地上高は180mmという充分な数字が確保されている一方で、全高が1600mm以下に抑えられているのも好ましい。

NAの1.25ℓ直4エンジンをフロントに横置きし、標準型は前輪を駆動、ビスカスカップリングを用いた4WD仕様も選べる。トランスミッションはいずれも、副変速機つきCVTと組み合わせられる。

ISG(モーター機能つき発電機)を備えることで、減速時のエネルギーを発電して再利用するマイルドハイブリッドを採用し、25.4~28.8km/ℓのJC08モード燃費を実現。

最も軽いベーシックモデルMGの2WDで850kg、最も重い上級モデルの4WDでも920kgという車重は、同カテゴリーのライバルより明らかに軽く、無駄のない軽量設計を得意とするスズキの持ち味が存分に発揮されている。例えばVWのクロスup!は、2WDながら車重は950kgである。

180mmの地上高を確保した上に前席で615mmという高めのピップポイントが設定されて、ドライビングポジションは視界が良好だ。しかし、腰高な印象はなく、タイトコーナーの連続も適度なアンダーステアを維持したまま、軽快にこなしていく。

インテリアは、4名の大人なら快適に座ることができ、内装材の選び方も実に注意深くなされている。Apple CarPlayのおかげでスマートフォンの接続も行いやすい。それに同じプラットフォームのソリオよりホイールベースが45mm短い分、トランクの奥行きが深いのも実用的だ。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

基本的には楽しさを全面に打ち出すタイプのクルマではないが、おのずと気持ちが高まっていくのは車体の軽さが理由だろう。ステアリング裏に装備されたパドルを叩き、CVTをマニュアルモードで走れば、ワインディングでメリハリの利いたドライビングを愉しめる。小型SUVを生みだすには、当然、きちんとした小型車を作れなければならない。そういった意味でスズキよりうまく作れるメーカーは多くは存在しない。
 

▶ 徹底解説 / スズキ・イグニス
▶ 国内初試乗 / スズキ・イグニス・ハイブリッドMZ

スズキ・イグニス・ハイブリッドMZ 2WD(セーフティパッケージ装着車)

●価格:1,738,800円 ●燃費:28.0km/ℓ ●ボディ・サイズ:3700×1660×1595mm ●車両重量:880kg ●エンジン:直列4気筒1242cc ●エンジン最高出力: 91ps/6000rpm  ●エンジン最大トルク:12.0kg-m/4400rpm ●モーター最高出力: 3.1ps/1000rpm  ●モーター最大トルク: 5.1kg-m/100rpm ●ギアボックス:CVT ●タイヤ:175/60R16

スズキ http://www.suzuki.co.jp/ignis/


初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧