Juju(野田樹潤)ブログ

2020.10.14

サマリー

Juju(野田樹潤)のデンマークF4挑戦。10月10〜11日に開催予定だったデンマークF4選手権の第4ラウンドが中止に。自信があったJujuですが、「気合が空回りして、ボーゼン」とのこと。まずは速報です。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第44話:突然の中止 デンマークF4選手権の第4ラウンド どういうこと?

もくじ

前日に突然中止! そんなぁ!
幻のポール? 自信あったのに
残すは最終戦、ぶっちぎります

前日に突然中止! そんなぁ!

みなさん大変です!

なんと10月10〜11日に開催予定だったデンマークF4選手権の第4ラウンドが中止になってしまいました。

しかもレースの開催前日になって中止が発表されるなんて、今の気持ちを表現する言葉が見つからない感じです。

レースがキャンセルになった理由は、結局のところコロナの影響みたいです。

そのために警察からレースの開催許可が下りなかったということでした。

特にチャンピオンシップの関係者の中から感染者が出たとかそういった話ではないようなのですが……。なんか不可解です。

幻のポール? 自信あったのに

前回のラウンドでぶつけられたことを教訓にして、今回は気持ちも新たに挑むと決めていたレースでした。

何しろ開催場所はわたしが最も走り込んでいるパドボーグパークですし、前回のレポートでも触れたとおり、つい先日の練習走行では59秒1という好タイムを記録していたんです。

タラレバですけど、予選ではずばり58秒台突入でポール獲得! を目標にしていたのに。これでいよいよ、チャンピオンシップ・ポイント的にも、わたしがタイトルを取れる可能性がなくなってしまいました。

気合が空回りして、ボーゼンという感じです、今のわたし。

残すは最終戦、ぶっちぎります

第4ラウンドの3つのレースがキャンセルされてしまったデンマークF4選手権は、残すところあと1ラウンド(第13戦~15戦)を残すのみとなってしまいました。

最終戦は10月23〜25日にユトランドリンクで開催されます。

このサーキットは今年の開幕戦でわたしがポール・トゥ・フィニッシュを飾った場所なので、後ろから追突されないくらいにぶっちぎって走る自信はあります。

まだ最終戦までには少し時間があるので、もう1回気持ちを入れ替えて準備万端でレースに挑もうと思っています。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事