Juju(野田樹潤)ブログ

2024.06.19

九州、オートポリスでのスーパーフォーミュラ(SF)第2ラウンドを終え、またすぐにヨーロッパへと旅立ったJuju。今回は武者修行のヨーロッパから、今シーズン初勝利といううれしいお便りが届きました。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第105話:今年の初勝利はオーストリア、レース2を掌握

もくじ

2回のプラクティスと予選はともに1位!
速さは証明できたけど、残念な結果に
完璧なレースで1位獲得。そして再び日本へ

2回のプラクティスと予選はともに1位!

photo: BOSS GP

前回は5月最初の週末、ドイツ、ホッケンハイムリンクで開催されたBOSSグランプリと、そこから日本に戻ってのスーパーフォーミュラ第2戦、九州のオートポリスでのレースのレポートをしました。

今回はまたヨーロッパに飛び、今度は6月の7日から9日までオーストリア、レッドブルリンクで開催されたBOSSグランプリの第3戦を戦ってきました。

あと心配なのは天気が少しぐずつくらしいということくらい。

今回も私はMMIモータースポーツチームが用意してくれるGP2マシーンで参加します。前回のレースではミスファイアに悩まされましたが、今回はすっかり解消しているとのこと。あと心配なのは天気が少しぐずつくらしいということくらい。できればカラッと晴れたドライで思いっきり走りたいです!

ところが大きな山裾にあるレッドブルリンクなので(?)、1回目のプラクティスはやっぱりウエットでした。でもようやくトラブルフリーでセッション走り切れた! 嬉しい。

タイムも一時は総合でトップ、最終でもクラス1位を確保できました。

2回目は最初こそドライだったのですが、最後は雨(笑)。前半にレース用のタイヤ作りを完了して、セッション後半にテスト用のタイヤに変えて出ていったらなんとフルコースイエロー。しかも雨がポツポツと。

その後は何とか最後にベストタイムを更新してトップタイムで終えることができました。

プラクティスの結果をうけリラックスした気持ちで挑んだ予選は、ちょっとブレーキの問題もありましたが、クラス1位を確保。これまでのところは順調な週末です。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。3歳でカートを始める。経験を積み、9歳で最年少デビューを果たしたFIA-F4マシンでは11歳で「U-17大会」に出場。2018年にはF3マシンに挑戦し、2020年はデンマークF4参戦デビューウィン。2021年はアメリカF4 USとデンマークF4。2022年は「Wシリーズ」ドライバーオブザイヤーを獲得。2023年に獲得したユーロフォーミュラのウィナー、ZinoxF2000のチャンピオンはいずれも女性初。2024年日本最高峰レースのスーパーフォーミュラに史上最年少、日本人女性初のデビューを果たす。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事