クルマ漬けの毎日から

2020.10.31

この1週間、クロプリー編集長は「いつか運転してみたいクルマ」について考えました。そして、リストアップした候補のなかから、最終的に2台に絞り込むことができました。さて、それはどのクルマでしょうか?

【クロプリー編集長コラム】いつか必ず…… 運転してみたいクルマ

もくじ

どうしても乗りたい 2台
運転できる機会は?

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

どうしても乗りたい 2台

まだ運転したことはないが、いつか乗ってみたいクルマは何か?

今週はこのことをずっと考え、候補をリストアップしていた。

1928年製のオースティン・セブン(チャミー)。後方はマクラーレン・セナ。

この場合、「いつか乗ってみたい」という点が重要だ。というのも、まだ運転したことのないクルマをすべて挙げていったら、ものすごい数になってしまうからだ。

あれこれ考えた結果、どうしても乗ってみたいクルマを2台に絞り込むことができた。

1957年のロンドン・モーターショーで発表された初代ロータス・エリート。1963年までに1000台余り製造された。

1台は、1950年代後半に誕生し、早くもグラスファイバーのモノコックボディを与えられた初代ロータス・エリート。

コベントリー・クライマックス製のエンジンが搭載されている。

そしてもう1台は、1920年代のオースティン・セブン。愛称で「チャミー」と呼ばれるシンプルなモデルを、いつか走らせてみたい。

運転できる機会は?

そこで早速、ロータスのエキスパートで友人のポール・マティに会いに行こうと考えた。

だが、マティに連絡を取ったところ、残念なことがわかった。

彼が経営する販売店では、極めて程度のよいエリート・シリーズ2の在庫をつい最近まで持っていたのだが、およそ6万ポンド(820万円相当)で売れてしまったというのだ。

本当に残念だ。

一方、オースティン・セブンについては、オースティンが大好きなニック・サーモンに問い合わせてみた。

サーモンによれば、2022年7月にはオースティン・セブンの誕生100周年を祝って、1週間にわたってイギリスで記念イベントが開催されるという。

それならば、100周年にはセブンを運転できる機会があるかもしれない。

あなたにとって、いつか必ず運転してみたい1台は、どのクルマだろうか?

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事