クルマ漬けの毎日から

2021.07.22

ロータスの新型車「エミーラ」が、ついにデビュー。クロプリー編集長は、ロータス本社で行なわれたその発表会に参加しました。

【クロプリー編集長コラム】新型ロータス・エミーラの発表会に参加

もくじ

タイプ131の正式名「エミーラ」
新型エミーラ 最高傑作
伝説のマシン「ロータス72」も登場

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

タイプ131の正式名「エミーラ」

ロータス本社のあるヘセル(英国ノーフォーク州)までの長旅を楽しんだ。

今日7月6日。ロータスでは、新型スポーツカーの「エミーラ」が発表されるのだ。この2時間のイベントは、午後7時30分に始まる(おそらく、地元のホテルを支援したいのだろう。大勢の参加者が宿泊することになるから)。

この屋外イベントには、数百人の熱心な観衆が現地で参加し、さらにインターネット経由でも、特別な131名のファンの人たちが参加する(「タイプ131」に敬意を表して、131名になったのだろう)。

楽しいプレゼンテーションだった。とても陽気だが、クルマの専門家ではない、ネット系の人たちがMCを務めていた。

自動車ジャーナリスト向けのイベントではなかったが、事は上手く運んだ。とくにスモークが立ち込めるなか、ジェンソン・バトンが実際に登場した時は、盛り上がった。

その後、バトンが運転する新型エミーラの映像が、スクリーンに映し出された。この屋外での発表会は、降りしきる雨のなかで行なわれたが、悪天候が会の雰囲気を損なうことはまったくなかった。

新型エミーラ 最高傑作

新型エミーラは、じつに素晴らしい。

サイズは完璧で、インテリアもエクステリアも目を見張るほど美しく、つくりも良い。それに、桁外れに速いのもまちがいない。

英国価格6万~8万ポンドという、(私の目には)お買い得と思える値がつけられている。エミーラを見て、20万ポンド(約3000万円)もする高額なスーパーカーを買う必要はないと、まず思った。

そして次に、なぜ今、ロータスとアルピーヌの間に密接な関係が築かれているのかが、よく理解できた。ジーリーホールディングの監督のもと、ロータスは1億ポンド(約150億円)という多額の投資を行ない、本拠地ヘセルの建物を改築し、また新工場も建設した。

しかしなんといっても、新型エミーラは最高傑作だ。この点については、この発表会に出席しただれもが、強く確信していた。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

人気記事