【長期テスト】ジープ・レネゲード4xe(最終回) ジープをよく見るワケ

公開 : 2021.10.15 20:35

ジープ・レネゲード4xeの長期テストで感じたこと。それは「最近ものすごくジープとすれ違う」です。

もくじ

最近、とにかくジープをよく見る
ジープの新海さんってどんな人?
最も売れているのはラングラー!
ジープのオーナー像=ドリーマー

最近、とにかくジープをよく見る

ジープをよく見る。半年間にわたる、レネゲード4xeのテストで、常に感じたことだ。

対向車線の遥かむこうから、デイ・ライトが丸く浮かび上がる。ジープか、あるいはゲレンデか、ミニか、ホンダeか。

シルエットでジープだとわかる。

すれ違う瞬間、ドライバーと、ふと目が合うこともある。例えばドイツ車に乗っている時と比べてどこか友好的だと感じる。

「あぁ! ジープ。いいですよね。わたしも好きで乗っていますよ」。そんな視線。友好的なのだ。

「ジープだね」と年配の方から。「キャンプに行きたいんですけど、荷物どれくらい入りますか?」若いお兄さんから。ショッピングモールの駐車場でも、何度も話しかけられた。

なぜ乗っていると、多くのジープを意識するのか。なぜ特別な感覚になるのか。

FCAジャパン(株)マーケティング本部ジープ・コミュニケーション・マネージャーの新海宏樹さん。

ステランティス・グループのFCAジャパン(株)マーケティング本部ジープ・コミュニケーション・マネージャーの新海宏樹さんを訪ねた。

記事に関わった人々

  • 執筆

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事


ジープの人気画像