【丸目だけじゃない】なぜ角目ジープも魅力的? 新型コンパス/レネゲードで比較検証

公開 : 2021.07.28 18:00

ジープといえば丸めというかたも多い? しかし角目モデルも魅力的です。新型コンパスに試乗し探ります。

【マイナーチェンジ以上の差】ジープ新型コンパス FFと4WDどちらが買い?

もくじ

角目のジープ、二面性が魅力
プレミアムと、ジープの本質
重視 ちょうどいいサイズ感

角目のジープ、二面性が魅力

AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan
text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

ちょっとした話のネタとして、ジープ・オーナーに定着しはじめている「隠れジープ」。中でも象徴的なのは7スロットグリルと丸いヘッドランプのかたちを模したマークだ。

これはジープの元祖であるウィリス・ジープの顔であり、今日この意匠を継いでいるのはラングラーとレネゲードということになる。

一方、グランドチェロキーに代表されるいわゆる「角目」のモデルも、現代のジープ・ブランドを語る上で欠かせない。

今回はマイナーチェンジを受けた新型コンパスの魅力を再確認するため、サイズの似通ったレネゲードとともに連れ出してみた。

2台を並べてみると、7スロットのグリルの形状を含め、あらゆる形状が異なっていることがわかる。

アクティブな性格を隠そうとしないレネゲードと比べると、コンパスはすっきりとした都会的なイメージがある。

とはいえ、今回試乗したコンパス・リミテッドは、しっかりとしたロードクリアランスが確保されているし、角ばったホイールアーチもジープの伝統に則っている。

コンパス・リミテッドの駆動は効率の良いオンデマンド4WD。さらに「4WDロー」や「4WDロック」といった本格的な機能も備えているので走るステージを選ばない。

つまり角目のジープの魅力は、洗練された見た目と、すこぶるタフな中身という2面性にあるのかもしれない。

さらに掘り下げていこう。

ジープ新型コンパス 公式サイトをみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事