極上デイキャンプを1人静かに ジープ・レネゲード 4xeで実現!

公開 : 2022.08.12 11:40

ジープ・レネゲード 4xe(フォー・バイ・イー)とともに、「ひとりキャンプ」を楽しみました。

もくじ

EV走行で満喫する大人1人の夏休み
PHEVのジープ まるで2台持ち?
河原の特等席ゲット 走破性に感謝

EV走行で満喫する大人1人の夏休み

AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan

短い移動は電気モーターで静かにEV走行し、長い距離はモーターとエンジンのハイブリッドで効率よく、ストレスなく走る。そんなPHEVに今、人気が集まっている。

しかもそれが日本の道路事情にジャストサイズで、さらに実用的なクロスオーバーSUVだったとしたらより多くの人が注目するに違いない。

ジープ・レネゲード 4xeはその代表モデルといえるだろう。

レネゲード 4xe(フォー・バイ・イー)には快適装備が充実している「リミテッド」と、走破性を高さを追求したシャシーとハイパワーエンジンを組み合わせた「トレイルホーク」という2つのグレードが用意されている。

試乗したモデルはレネゲード・トレイルホーク 4xeの方。週末は家族とともにレネゲードでちょっとした遠出をする予定なのだが、今日は1人で過ごす。世間はすっかり夏休み気分になっているので、僕もレネゲードでどこかに出かけたい!

そこで以前から目をつけていた河原に行って、デイキャンプを楽しんでみることにした。

河原までは拠点とした充電器つき駐車場から片道15kmほどの距離。満充電に近いレネゲード・トレイルホーク 4xeで、センターコンソールの「ELECTRIC」ボタンを押せばEV走行だけで往復できるはず。

またロードクリアランスがしっかりと確保された4WDモデルなので、大き目の石が散らばっている河原でも奥まで踏み込んでいけるはず。

さっそくラゲッジスペースにキャンプ道具を放り込み、出かけることにした。

ジープ・レネゲード 4xe 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

おすすめ記事