トヨタ・ミライ、年間販売目標の約4倍を受注

2015.01.15

トヨタ初のFCV、ミライの受注台数が、発売後1ヶ月にあたる今年の1月14日までに、2015年末までの約400台という販売目標を大きく上回る約1,500台となった。このうち、官公庁や法人が約6割、個人ユーザーが約4割という比率。地域では水素ステーションの関係から、東京都、神奈川県、愛知県、福岡県が中心となっているという。

予想を大きく上回る受注台数であるが、納車予定については、トヨタから正式なコメントはない。

 
最新国内ニュース