トヨタ、アルファード / ヴェルファイアを発売

2015.01.26

トヨタは高級ミニバン、アルファードおよびヴェルファイアをフル・モデル・チェンジし発売した。あくのある華やかなスタイリングになった新型は、高級セダンに引けを取らない操縦安定性や、高い基本性能、そしておもてなし空間の実現にフォーカスをあてたという。

なかでも快適装備と運転支援機能には力を入れており、後席までスライドできる助手席のスーパー・ロング・スライド・シートは、2列目シートと同じレールに通すことで最大1160mmというスライドを実現した。また、3列目シート・スライド機構下の床下収納、インテリジェント・パーキング・アシスト2、シースルービュー機能付きパノラミック・ビュー・モニターなど多数の世界初となる技術を採用している。

本日の発表会では、わずらわしい事前設定不要で駐車枠にクルマを自動誘導してくれるインテリジェント・パーキング・アシスト2を体験できた。操作方法は最初に “P” ボタンを押して駐車スペースのそばを横切ると、駐車枠や周囲の車両を自動認識しインパネのディスプレイに表示。駐車枠が複数存在する場合は、ステアリングを少し動かすことで簡単に希望枠を選択できる。そのあとは、クルマにステアリングを任せてドライバーはアクセルとブレーキの操作をするだけで良い。前方向への切返しなど他車にはない機能を備えるほか、縦列駐車からの発進操作にも対応している。

パワートレインのラインナップは、ハイブリット仕様と、2つのガソリン仕様を用意。ハイブリッド・モデルは2.5ℓユニットと前後モーターという組み合わせで、エンジン単体では152ps、21.0kg-mを、リア・モーターは68ps、14.2kg-mを、フロント・モーターは143ps、27.5kg-mを発揮する。ガソリン・モデルの方は、2.5ℓ直4モデルが182ps、24.0kg-mを、3.5ℓV6モデルが280ps、35.1kg-mを発揮する。

また、新たなグレードとしてエグゼクティブ・ラウンジを設定。シート幅を100mm拡大した専用設計シートなどを採用している。

価格は、3,197,782円から7,036,691円。

 
最新国内ニュース

人気記事