関西エリアで展示! トヨタ新型「アルファード/ヴェルファイア」、7/1~2は神戸に

公開 : 2023.06.28 21:05  更新 : 2023.07.02 00:00

編集部が発信する今週末のイベント情報。兵庫県の神戸ハーバーランド「umie」で、新型トヨタ・アルファード、ヴェルファイアの一般展示が行われます。

神戸ハーバーランド「umie」に、2モデルが登場

トヨタの上級ミニバン、新型「アルファード」と新型「ヴェルファイア」の一般展示が、今週末に関西エリアで実施されることが分かった。

会場は、兵庫県・神戸の大型商業施設「ウミエ(umie)」である。

新型の発表直後に行われた東京ミッドタウン日比谷アトリウムの一般展示。車両は「アルファード・エグゼクティブラウンジ」。
新型の発表直後に行われた東京ミッドタウン日比谷アトリウムの一般展示。車両は「アルファード・エグゼクティブラウンジ」。

会場:神戸ハーバーランドumie センターストリート1階 中央特設広場
日程:7月1日(土)~2日(日)
時間:10時~20時

JR神戸駅から徒歩5分という好立地で多くの来場者を集めそうだ。

8年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、6月21日に発売。

ミニバンと言えば「箱型」のイメージが強いが、新型はボディサイドの起伏が豊かで、これまでの一般的なミニバンより流麗な印象を与える。

全長は従来型よりわずかに長くなったものの、全幅・全高はほぼ同じサイズに収め、グレード展開も3種類というシンプルな構成に絞った。

モデル末期でも人気が衰えなかったアルファード

じつは発売後すぐの週末に、東京都・日比谷の「東京ミッドタウン日比谷アトリウム」でも一般展示が行われた。

プレシャスレオブロンドの新型「アルファード・エグゼクティブラウンジ」と、ブラックの新型「ヴェルファイアZプレミア」が顔を並べたのだ。

ヴェルファイアも東京・日比谷の一般展示で来場者を集めた。写真の車両は「ヴェルファイアZプレミア」。
ヴェルファイアも東京・日比谷の一般展示で来場者を集めた。写真の車両は「ヴェルファイアZプレミア」。

子供連れの来場者も多く、2台を指さして顔付きを見比べる親子がいれば、車内の様子を入念に確認する人も。

とくに2列目シートに身体を預けて座り心地やスライド量をチェックしたり、バックドアを開けて荷室の広さや3列目の様子を見る男性が目立った。

昨年度、モデル末期ながらアルファードは約6万台を販売。新型になったヴォクシーの7万台に迫り、日産セレナ(5.2万台)、ホンダステップワゴン(4万台)を上回る売れ行きを記録した。

これだけの人気モデルとあって、フルモデルチェンジ版の実車展示は見逃せない機会になりそうだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事