ポルシェ911カレラGTS

公開 : 2015.02.02 23:50  更新 : 2017.05.29 19:04

■どんなクルマ?

ポルシェ911ファミリーに新たに加わったカレラGTSの英国内での初試乗となった。ケイマン、ボクスター、パナメーラ、カイエンにもGTSグレードは用意されており、既に高い評価を得ているのは読者諸兄のご存知のとおりだ。

911におけるGTSの立ち位置は、カレラSとGT3の中間といったところで、ミディアム・ホット・モデルと呼ぶのが適切だろう。価格もカレラSとGT3の間に設定されている。

ポルシェの言葉を借りるならば、日常で文句なく使えながら、峠道やサーキットに持ち込んでも十分に楽しむことのできる ’美味しいところ取り’ なモデルということになる。

よって心地よいドライビング体験を手にするならばタルガ、加速を楽しむならばターボ、走行会で活躍したいならばGT3、さらにその頂点を目指すならば、のちに加わるGT3 RSといった役割分担がより明確になった。

加えて、クーペとコンバーチブル、RRと4WD、ノーマルのカレラとカレラS、スペシャル・エディションなど、幾多ものモデル展開から、自分のスタイルや趣向にあったものを選ぶことができる。

これほどの種類が用意されているのに、’わざわざ’ GTSを加える必要があるの? と思うのは無理もないけれど、初めて911がデビューしてかなりの月日が経った今、ポルシェはもう一度カスタマーを振り向かせる努力をしているのだ。

素晴らしきGT3は既に売り切れの状態。GT3 RSを買う予定はないけれど、ピリリとした911が欲しいというカスタマーのための、いわばスパイスのようなモデル。それがカレラGTSなのである。

■どんな感じ?

先に言っておこう。GTSの出来栄えは非常にいい。ノーマルの911が既に高い評価を得ているだけに、当然といえば当然だけれど、それを抜きにしても、とても良くできたクルマである。

カレラ4と同等のワイド・ボディになり、エンジンも専用の仕立てが施されている。スポーツ・クロノ・パッケージやスポーツ・エグゾースト、ダイナミック・エンジン・マウント、トルク・ベクトリング・セットアップ、PASM可変サスペンションなど、カレラSならば追加予算を支払わなければならないパーツも標準で装着されている。

PDDCアクティブ・アンチ-ロール・バーは装備リストに加わらなかったけれど、これに関しては必要としないドライバーも多いはずだ。

仮にGTSと同じセットアップをカレラSで実現しようと思えば、最終的な価格はGTSよりも£2,000(35万円)高価になってしまう。GTSと同じレザー/アルカンターラ・インテリアやパワーキットを装着しようとすれば、さらに高価になる。フェンダーをワイドにすることを考えればなおさらだ。GTSがお得だと言われる理由はここにある。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事