ランボルギーニ・ウラカン

公開 : 2015.06.12 23:50  更新 : 2017.05.29 19:21

大型エンジンを載せたランボルギーニのジュニア・スーパーカーにとって、標準ステアリングの方が楽しさをうまく引き出せている。

■どんなクルマ?

ランボルギーニがウラカンを発表したとき、‘ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)’ と名付けられた可変レシオ・パワー・ステアリング・システムをそなえたことにより、ウラカンは一種の草分け的存在となった。

一回り大きいアヴェンタドールに採用されたこれは、簡単に言うと低速域で前輪をよりダイレクトに、高速域でハンドリングのスタビリティを向上するためにより大らかな仕立てにしたシステムだ。

シンプルに聞こえるかも知れないが、この手のミド・エンジン・スポーツカーの高速域のスタビリティに効果をもたらしていることは確かであり、同時にフェラーリアウディマクラーレンにとって、まだ未開の領域でもある。

ただし、まだまだ完璧なシステムとは言いがたい状態にあるのは事実。これまで2度にわたってLDSを採用したウラカンをテストしてきたが、そのどれもが3,800万円近くの、320km/hをこえるドライバーズ・カーとして期待されるような、予想のしやすさやフィードバックの豊富さを兼ね備えてはいなかった。

ありがたいことにLDSの装着は購入者の意志によって選ぶことができる。したがってV10を載せたベイビー・ランボの潜在的なハンドリングが ‘本当は’ どうなのかを知るべく、素のウラカンを駆り出すことにした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランボルギーニ ウラカンの人気画像

×