メルセデス・ベンツGLC 250 4MATIC スポーツ

公開 : 2016.03.04 23:59  更新 : 2017.05.13 12:50

■どんなクルマ?

「GL」+「ベースとなるクラス名」という、メルセデスの新しいSUVの呼称方式にしたがって、「GLC」と呼ばれるモデルが日本でも発売された、いうまでもなく、CクラスをベースとしたSUVで、「GLK」と呼ばれていた先代の後継モデルである。

GLCのボディサイズは全長4660×全幅1890×全高1645㎜で、プレスリリースには日本の道路事情や駐車場事情において扱いやすい大きさと書かれているが、果たして1890㎜の幅が都会の駐車場で扱いやすいサイズといえるかどうか、ちょっと疑問ではある。

それはさておき、先代のGLKがこの分野におけるメルセデスの旗艦、Gヴァーゲンのイメージを少し感じさせるスクエアなデザインを採用していたのに対して、GLCはアウディのQシリーズやポルシェのマカンといったライバルと同様の、やや丸みを帯びたスムーズなスタイリングで登場してきたのが興味深い。

そういった時代性への対応はパワーユニットにも見て取れる。先代GLKは3.5リッターV6を搭載していたが、GLCは2ℓ直4直噴ターボを採用、パワーは211psと比較的控え目ながら、35.7kgmという先代の3.5ℓV6に匹敵するトルクを生み出す。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

360°天球型カメラで撮ったインテリア。写真の上にマウスを併せて動かすと上下左右360°ビューが愉しめます。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×