メルセデス・ベンツEクラス・エステート・オールテラインはパリでデビュー

公開 : 2016.06.07 22:20  更新 : 2017.06.01 01:30

アウディA6オールロードの対抗モデルとなるメルセデス・ベンツEクラス・エステート・オールテラインは、2017年に発売を予定しているが、その前に今年のパリ・モーターショーでワールド・プレミアを果たす。

このEクラス・エステート・オールテラインは、可変車高&サスペンションを持つモデルで、メルセデスが開発したエア・ボディ・コントロールによって、その可変スピードが速いのが特徴。

通常のEクラス・エステートのボディに、より頑丈なホイール・アーチ、バンパー、プラスティック製のアンダー・ボディ・プロテクションが付けられる。

価格はエントリー・モデルのE200でおよそ£40,000(625万円)となる予定。

エンジンは、Eクラス・サルーンと同様で、4気筒および6気筒のガソリンとディーゼルが設定される。

Eクラスのチーフ・エンジニアであるミハエル・ケルツは、「オフロード用SUVほど走破性は高くないものの、ほとんどのオーナーが予想するよりも高い走破性を持つ。」とし、特にヨーロッパにおける柔らかいオフロードには充分だとしている。また、ケルツは、アメリカではこのEクラス・エステート・オールテラインの販売予定はないことも明らかにした。

既にメルセデスは、6モデルの本格的SUVをラインナップしており、このEクラス・エステート・オールテラインは若干ニッチな選択肢となると予測される。



▶ 海外ニュース / メルセデス・ベンツEクラス・エステートがデビュー

関連テーマ

人気テーマ