2016年5月 自動車販売台数ランキング

2016.06.07

文・大貫直次郎

■5月の新車販売は2カ月ぶりに前年割れ。燃費不正問題の影響で軽自動車が大きく落ち込む

三菱自動車の燃費不正問題が発覚してeKシリーズおよび日産デイズの生産・販売が中止となり、さらにスズキも燃費データを不正に屋内で測定していたことが明るみになるなど、様々なマイナス要因が発生した5月の国内自動車市場。これらが新車販売の成績にどのように波及するかが注目されたが、結果は前月以上に“登高軽低”の様相を呈することとなった。自動車業界団体がまとめた2016年5月の全体での国内新車販売は、前年同月比1.2%減の33万1585台と2カ月ぶりに前年割れを記録。カテゴリー別では、登録車が同6.6%増の22万3753台と2カ月連続でプラスとなったものの、軽自動車は同14.2%減の10万7832台と17カ月連続でのマイナスとなった。市況について業界団体の関係者は「昨年5月の軽自動車は増税の影響で販売台数を大きく落としたが、今年はそれよりもさらに悪くなってしまった。燃費不正問題のあった三菱自動車は軽自動車が前年同月比75.0%減、供給を受ける日産は同76.8%減、さらにスズキも同15.4%減と大きく落ち込んだ。一方で登録車は、新型に移行したプリウスなどの販売が堅調で、前年超えを成し遂げる主要因となった」と分析。今後の展開については、「軽自動車は三菱自動車の燃費不正問題が6月以降も影響する見込みで、低迷は避けられない。登録車は一部新型車の受注が好調なものの、消費税増税前のレベルに戻るための好材料はなかなか見えてこず、本格的な回復はまだ先になりそう」と予想した。

車名別ランキングでは、新型に移行したトヨタ・プリウスが前年同月比145.2%増の2万1527台の販売を記録して6カ月連続での首位につく。続く第2位には同10.5%増を成し遂げて1つ順位を上げたホンダN-BOXが位置。第3位には1ランクアップでダイハツ・タントが入った。前月2位のトヨタ・アクアは、同22.2%減で第4位にまで落ち込む。トップ10を一覧すると、軽自動車は4車種にとどまり、残り6車種は登録車。この割合になるのは、実に2014年7月以来である。

話題のニューモデルの動向も見ておこう。昨年7月に新型に切り替わったトヨタ・シエンタは同868.1%の大幅増を成し遂げて第5位に、発売1カ月で月販目標の3.3倍となる約1万6500台の受注を記録した新型パッソは第8位にランクイン。2月のマイナーチェンジでRSグレードの追加などを行ったホンダ・ヴェゼルは同19.2%増で第14位に、2月に発売した新型コンパクトクロスオーバー車のスズキ・イグニスは第31位に、2月にハイブリッドモデルを追加したホンダ・オデッセイは同233.8%増で第33位に位置する。4月にハイブリッドグレードを追加したトヨタ・オーリスは同177.5%増で第37位に入った。

日本自動車販売協会連合会 発表
メーカー モデル 台数
1 トヨタ プリウス 21,527
2 トヨタ アクア 11,225
3 トヨタ シエンタ 9,449
4 ホンダ フィット 8,771
5 トヨタ パッソ 6,784
6 日産 ノート 6,256
7 トヨタ ヴォクシー 5,951
8 ホンダ ヴェゼル 5,776
9 トヨタ カローラ 5,690
10 日産 セレナ 5,333
11 トヨタ ヴィッツ 4,596
12 マツダ デミオ 3,833
13 スズキ ソリオ 3,774
14 日産 エクストレイル 3,740
15 ホンダ ステップワゴン 3,478
16 トヨタ ノア 3,252
17 スバル インプレッサ 3,143
18 トヨタ エスクァイア 2,988
19 ホンダ シャトル 2,880
20 トヨタ クラウン 2,555
21 スズキ イグニス 2,532
22 トヨタ ヴェルファイア 2,498
23 ホンダ オデッセイ 2,480
24 ホンダ フリード 2,440
25 トヨタ アルファード 2,162
26 トヨタ ハリアー 2,148
27 トヨタ オーリス 1,981
28 スバル レヴォーグ 1,820
29 スバル フォレスター 1,710
30 マツダ CX-5 1,586

輸入車の新規登録台数は2カ月連続の前年超え。VWは9カ月ぶりにプラス

輸入車の新車販売は回復軌道に乗ったようだ。5月の外国メーカー車の新規登録台数は前年同月比6.9%増の2万1486台と、2カ月連続での前年超え。日本メーカー車含でも同8.3%増の2万4724台とプラスを記録した。登録車に占める輸入車のシェアは、5月単月では過去2番目に高い9.6%に達する。市場の動きについてJAIA関係者は、「フォルクスワーゲンの排出ガス不正問題による顧客離れは、歯止めがかかりつつあるようだ。主要ブランドが新型車を積極的に投入していることも、輸入車全体の登録台数の伸びにつながった。価格帯では400万円以上のクラスが前年超えを達成したものの、販売の中心を占める400万円未満はマイナスのまま推移している。これがプラスに転じれば、本格的な回復となるだろう」と解説した。

外国メーカーのブランド別成績では、前年同月比7.6%増の4648台の新規登録を成し遂げたメルセデス・ベンツが首位を維持する。第2位には同9.7%のプラス(4015台)に転じたフォルクスワーゲンが位置。第3位には同10.3%増(3502台)のBMWが、第4位には前月のプラスから同14.7%のマイナス(2135台)に落ち込んだアウディが入った。

独トップ4以外では、新型車攻勢や販売キャンペーン強化を展開するブランドの伸長が目立った。BMWミニが同16.4%増(1764台)、ボルボが同24.9%増(1089台)、ジープが同48.3%増(679台)、ポルシェが同13.8%増(592台)、フィアットが同15.8%増(512台)、スマートが同1416.7%増(273台)、ジャガーが同232.1%増(186台)、シトロエンから分離したDSが同83.1%増(119台)の好セールスを記録する。日本市場からの年内撤退が予定されるフォードは、同54.3%の大幅減(163台)に終わった。

日本自動車輸入組合 発表
メーカー 5月 2016年累計
1 Mercedes-Benz 4,649 25,871
2 VW 4,015 19,952
3 BMW 3,502 18,987
4 Audi 2,135 10,630
5 BMW MINI 1,764 9,135
6 Nissan 884 7,834
7 Toyota 1,200 6,459
8 Volvo 1,112 5,618
9 Suzuki 809 3,643
10 Jeep 679 3,340
11 Peugeot 476 2,888
12 Fiat 512 2,831
13 Porsche 592 2,686
14 Renault 269 1,998
15 Mitsubishi 344 1,988
16 smart 273 1,865
17 Land Rover 213 1,407
18 Ford 168 1,108
19 Jaguar 186 1,023
20 Alfa Romeo 141 770
21 Honda 1 766
22 Citroen 128 701
23 ABARTH 135 646
24 DS 119 510
25 Maserati 84 455
26 Cadillac 28 275
27 Ferrari 52 240
28 Chevrolet 38 219
29 BMW Alpina 17 164
30 Lamborghini 29 154
31 Bentley 25 147
32 Chrysler 21 141
33 Dodge 21 115
34 Lotus 15 100
35 Aston Martin 17 79
36 Rolls Royce 14 70
37 Hyundai 9 59
38 Mclaren 11 56
39 Scania 12 52
40 GMC 4 15
41 Rover 2 11
42 Hummer 1 6
43 Lancia 6
44 Autobianchi 4
45 Morgan 1 4
46 Buick 3
47 MG 3
48 Unimog 3
49 Bugatti 1 2
50 Detomaso 1 2
51 Pontiac 2
52 Maybach 1 1
53 PROTON 1
54 Kia
55 Opel
56 Saab
Others 14 122
合計 24,724 135,167
 
最新国内ニュース

人気記事