ボルボV40 D4インスクリプション

公開 : 2016.07.09 05:50  更新 : 2017.05.29 19:07

  • 日本で一番売れるボルボはV40。そのビッグマイチェン・モデル、ディーゼル仕様に乗る。

  • XC90で導入した新デザイン・アイコンをV40に適用。T字型のポジション・ライトが特徴だ。

  • 試乗車は本革仕様。当ページの360度画像の車両は、シティウィーブというテキスタイル内装だ。

ボルボ自ら “これまでのボルボの最終形” と呼ぶV40。フェイスリフト・モデルでディーゼルの走りを確かめた。

■どんなクルマ?

日本で最も売れているボルボ、V40がマイナーチェンジを受けた。最大の眼目はエクステリアおよびインテリアの意匠の変更。とりわけヘッドランプが目を惹く。XC90とも共通の「トールハンマー」と呼ばれるT字型のLEDヘッドランプが採用された。それだけでも印象はまったく別物に。はっとするシャープさを身につけたといえる。

「ボルボ社の哲学とテクノロジーを凝縮したプレミアム・ショートワゴン」と輸入元のボルボ・カー・ジャパンが呼ぶボルボV40。2013年2月に日本導入されていらい、キャラクターのたったクーペ的なハッチバックスタイルと、操縦性と、先進的安全装備などで多くのファンを生んできた。

V40およびV40クロスカントリーの「新型」の眼目は多岐にわたる。

エクステリアではさきに触れたように新しいデザインのヘッドランプが目立つ。加えてグリルの形状がやや変わり、新しいアイアンマーク(ボルボのエンブレム)が採用されている。さきに発売された大型SUV、XC90と同様だ。ホイールも新意匠のものが採用されている。

インテリアでは2014年のコンセプトモデル「コンセプト・エステート」からエッセンスを受け継いだという新意匠のファブリックシートを採用(一部車種)。加えてフローティング・センタースタックと呼ばれるセンターダッシュボードをはじめとするインテリアパネルにはデザインの異なる3種類のアルミニウムパネルを用意している。安全面では「歩行者用エアバッグ」を全車に標準装備したのも、安全装備に力を入れているボルボらしい特徴だ。

エンジンを中心にラインナップをみると、T3、T5、D4と3つになる。T3は1.5ℓ4気筒直噴ターボ・エンジンで、112kW(152ps)の最高出力と250Nm(25.5kg-m)の最大トルクを発生する。組み合わされる変速機は6段オートマティック。

T5は2ℓ4気筒直噴ターボ・エンジンだ。180kW(245ps)の最高出力と350Nm(35.7kg-m)の最大トルクと数値的にもパワフル。8段オートマティック変速機との組み合わせになる。

D4は2ℓ4気筒ターボ・ディーゼルで、最高出力140kW(190ps)、最大トルク400Nm(40.8kg-m)を発生する。こちらの変速機はT5と同様、8段オートマティックとなっている。

豊富なグレードが用意されたのも、新しくなったV40およびV40クロスカントリーの特徴だ。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×