ボルボV40 D4インスクリプション

公開 : 2016.07.09 05:50  更新 : 2017.05.29 19:07

  • ヘッドライドは従来のキセノンからLEDに。

  • 新採用のランクマーク(D4の隣の長方形部分)でグレードを見分けることができる。

ボルボV40およびV40クロスカントリーでは、グレード体系が見なおされたのも注目すべき点だ。「ニーズにこれまで以上に幅広く、きめ細かやに応える」とボルボ・カー・ジャパンではその理由を説明する。端的にいうとエンジンごとに、ベーシックからラグジュアリーまで装備内容を中心に複数のグレードが設定され、それが本国に準じた名称を与えられたのだ。

T3エンジン搭載車にはベースモデルの「キネティック」、その上の「モメンタム」、そして上級グレードの「インスクリプション」が用意される。簡単に説明すると、キネティックは従来のベーシック・グレード、モメンタムは従来のSE、インスクリプションは従来のSEレザーパッケージに相当するという。

「D4」も同様の3グレード構成。「T5」は「R-デザイン」1グレードとなる。モメンタムはキネティックに対して、パドルシフト、専用シート地、HDDナビゲーション・システム、(16インチに対して)17インチ・ホイールなどが標準装備となる。さらにインスクリプションでは、キーレスドライブ、前席ヒーター、本革シートなどが備わる。R-デザインは専用のスポーティなエクステリアや18インチ・ホイールなど、パワフルなキャラクターに合った装備を持つ。

V40クロスカントリーは「キネティック」「モメンタム」それにキーレスドライブやプレミアム・サウンドシステムなどを備えた最上級グレード「サマム」と3つのグレード構成。V40と少し異なる。こちらにはR-デザインは用意されない。なおクロスカントリーのT5エンジン搭載モデルはAWD(4輪駆動)で、T3とD4は前輪駆動だ。

今回試乗したのは、V40 D4インスクリプションだ。2015年にボルボが、このクラスの輸入車としてはほぼ先陣を切ってディーゼル・エンジンを導入した、いい意味での驚きは記憶に新しい。そのよさはいまも古びていないことがよくわかった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ボルボの人気画像

×