スバル、インプレッサの日本仕様を公開

2016.07.26

スバルは、今秋発売予定の新型インプレッサの日本仕様車を公開した。

第5世代となる新型インプレッサは、次世代プラットフォームのスバル・グローバル・プラットフォームをはじめとした様々な新技術を投入。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現するという。

発表された国内仕様車はインプレッサ・スポーツと同G4のラインナップで、全長x全幅x全高は、スポーツが4460×1775×1480mm、G4が4625×1775×1455mm。ホイールベースは共通で2670mmだ。

パワートレインは、154ps/6000rpmを発揮するFB20型2.0ℓ水平対向4気筒エンジンとリニアトロニック(CVT)の組み合わせが全車に適用され、マニュアル・トランスミッションは用意されない。駆動方式は2WDとAWDがラインナップされる。

総合安全性能は、スバル初となる歩行者保護エアバッグとアイサイト(ver.3)を全車に標準装備。また新プラットフォーム採用により危険回避性能を向上し、衝突エネルギー吸収量を1.4倍に高めるなど、乗員・乗客はもとより周囲の人々も含めた安全を一層強化。

動的質感では、新プラットフォームを採用しボディとサスペンションの剛性が大幅に向上したことで、不快な振動騒音が無く、思い通りに走り、快適な乗り心地を実現した。

また、静的質感では新デザイン・フィロソフィー “DYNAMIC x SOLID” を量産モデルとして初めて全面採用。機能性とデザイン性を両立し、内外装の細部の仕上げに磨きをかけることで、スバルの次世代を担うコンパクトカーとしてクラスの枠にとらわれない高い質感を実現している。

スバルは、今回の発表にあわせ専用サイトを開設し、新型インプレッサのティザー画像をはじめとする関連情報を順次配信していく予定だ。

新型インプレッサ専用WEBサイト
http://www.subaru.jp/impreza/


▶国内ニュース / スバル、新型インプレッサをジャパン・プレミア
▶国内初試乗 / スバルBRZ S

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事