スマホで自動駐車、クラリオンと日立AMSが発表

2016.12.22

日立オートモティブシステムズとクラリオンは、スマートフォンを用いた遠隔操作により、車外から並列・縦列駐車や車庫入れ・出庫を自動で行う、リモートパーキングシステムを共同開発したと発表した。

今回発表されたリモートパーキングシステムは、クラリオンの周辺監視カメラシステムであるSurroundEye®と、日立オートモティブシステムズの車両制御ユニットやステアリング、ブレーキなどのアクチュエーター制御技術を連携させた自動駐車システムであり、スマートフォンにより遠隔操作で車両を駐車するもの。

スマホで遠隔操作


本システムは、スマートフォンの画面に車両周辺の映像と、車両の進行経路をリアルタイムに表示することで、ドライバーは常に車両周囲の状況を把握しながら、安全に車両を操作することができる。

また、ドライバーは簡単に縦列・並列といった駐車スタイルを選択できるのも特徴だ。本システムは、無人で車両を駐車・出庫させることが可能なことから、特に車庫などの手狭なスペースで有効的だと考えられる。

EyeSightの技術がそこに

安全面においては、自動駐車・出庫中にドライバーが危険を察知した場合、画面操作で瞬時に車両を止めることができるほか、車両側センサーが歩行者や障害物などを検知すると、車両を自動停止させる機能も備えている。なお、日立オートモティブシステムズといえば、スバルと日立製作所とともに、EyeSightを開発したことで知られている。

リモートパーキングシステムは、両社がこれまで培ってきた、画像認識技術と車両制御技術の融合により実現したもので、今後も日立オートモティブシステムズとクラリオンは、自動車メーカーなどへの提案を通じて、本システムの早期実用化を目指すとしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×