ボルボV40 D4 R-デザイン・ポールスター・エディション

公開 : 2017.01.25 05:55  更新 : 2017.05.29 19:07

■どんなクルマ?

ボルボV40には魅力が多い。クーペを思わせるファストバック・ボディと、4枚のドアを備えた機能性がバランスされているスタイルがひとつ。

もうひとつの魅力は走りが楽しめることだ。いちどでもV40を試したことがあるひとなら知っているはずだが、ハンドリングのよさとパワーの2つが両立している。

加えてV40の特徴をあげるなら“意外性”になるだろうか。“運転を楽しむならガソリン・エンジン”という常識を覆したポーティなディーゼル・エンジン車をラインナップに持つ。

2017年1月25日に日本で限定発売されたV40 D4 R-デザイン・ポールスター・エディションはV40の真骨頂。上記の美点が凝縮されたモデルだ。

「D4」「R-デザイン」それに「ポールスター」とボルボ車を特徴づけるキーワード。これらで構成された車名どおり、すべての魅力が詰め込まれている。

3つを順番に解説してみよう。

D4はそもそも190psの最高出力と40.8kg-mの最大トルクを発生する2ℓ4気筒DOHCのディーゼル・ユニット搭載を意味する。

R-デザインはサスペンションやタイヤなどをスポーティな方向に強化したシャシーと、同様にスポーティな雰囲気で仕立てられた内外装を与えられた仕様だ。

ポールスターはボルボのレーシング・パートナー。ボルボと同様スウェーデンはイエテボリに本拠を構え、ボルボ車をチューンしてレースで走らせている。

V40 D4 R-デザイン・ポールスター・エディションは、D4エンジンを搭載したR-デザイン仕様をベースに、ポールスターによるさらなるコンピューター・チューンとマフラーなどの特別装備を搭載したモデルである。

この出来が見事なのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記