トヨタ・プリウスPHV 技術に反して動的性能△ ゴルフGTEやBMW 330eに軍配

公開 : 2017.04.25 12:00  更新 : 2021.01.28 18:21

PHV版としては2世代目のプリウスは、バッテリーが拡大され、EV走行距離は60kmを超えました。あらたな技術やデザインも導入しているのですが、いかんせん価格が……。きびしい評価となりました。

■どんなクルマ?

英国価格、何より高すぎる

PHV版プリウス。2代目は、技術面とデザイン面の改善が図られ、英国仕様のEV走行の航続距離が約63kmとなった。

けれど英国での売れ行きは決してよくない。代替エネルギー車市場において、ノーマルのプリウスは驚異的な成功を収めているが、先代PHVは多くのユーザーにとって現実的でない存在だったようだ。

偶然かもしれないが、われわれが海外市場で大きな欠陥を指摘した直後、£3,200(45万円)の価格引き下げが実施された。

さらに、政府のエコカー向け補助金£2,500(35万円)も利用できるわけだが、それでも4座仕様の£29,195(410万円)という最安値は高すぎる。

航続距離の伸びたフルEVの価格帯が、主流モデルに近い水準まで下がってきている昨今ではなおさらだ。

ましてや、通常のプリウスなら、£6,000(84万円)ほど安く買えるのである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×