アルファ・ロメオ4C、ディザーを公開

公開 : 2013.01.03 12:52  更新 : 2017.06.01 01:23

アルファ・ロメオのミッド・エンジン・モデル、4Cは、今年のジュネーブ・モーターショーでデビューする予定だが、今月行われるデトロイト・モーターショーで幾つかの情報を公開することになるかもしれない。

実際、5スポークのホイールの写真が今回、デビューに先駆けて公開されている。そのコピーには”クルマの中でも極め付きのクルマ”という言葉が添えられている。

4Cは、300bhpを発揮するアルファ・ロメオ製の1742ccのターボ付きガソリン・エンジンを搭載し、そのボディ重量は1000kg以下。6速のデュアル・クラッチ・ミッションを備え、リア・ホイールを駆動する。

スタイルは2011年に示されたコンセプト・モデルのものを引き継ぐ。

4Cはイタリアで生産されるが、その数は限定ではなく、需要に応じて生産されるという。そして情報筋は”本当のアルフィスタに応えられるハードコアなモデルである”という。

アルファ・ロメオ4Cは、2013-2014年のモデルとしてアメリカでも販売が開始される。また、2014-2015年モデルとして、オープン・トップ・モデルも追加される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×