マツダSKYACTIV-X試乗 ガソリン圧縮着火2.0ℓプロトタイプ車

公開 : 2017.09.07 11:40

【試乗レポート】マツダSKYACTIV-Xの開発車両、世界初のガソリン圧縮着火を体験してきました。プロトタイプ・エンジンの写真もご覧ください。

もくじ

圧縮着火2.0ℓガソリンエンジン、試乗レポート
SKYACTIV-X MT/ATをテスト
スピードアップしても力強いトルク
燃費比較シミュレーション その結果は?

圧縮着火2.0ℓガソリンエンジン、試乗レポート

マツダが新開発したSKYACTIV-Xエンジンは、大量生産モデルとして初の「ガソリン圧縮着火」を実現することになる。

そして、新型プラットフォームとともに将来のモデルに搭載され、2019年に発表を予定している。

マツダSKYACTIV-X 圧縮着火2.0ℓプロトタイプ車 試乗インプレッション

「SKYACTIV-X」は、SCCI(Spark Controlled Compression Ignition=火花点火制御圧縮着火)を採用。マツダによれば、
・ディーゼルエンジンのトルク
・ディーゼルエンジンの経済性
・ガソリンエンジンのパフォーマンス
・ガソリンエンジンの環境性能
を組み合わせることができるという。
 

関連テーマ

人気テーマ