ジャガーXF 2018年モデル スポーツブレークとともに登場 605万円〜

2017.11.27

ジャガーXF 2018年モデルが、スポーツブレークとともに日本でもデビューしました。会場にはテニスプレイヤーの錦織圭さんも。価格や装備をまとめました。

もくじ

インジニウムガソリンが新設定
安全装備、XFでも拡充
外装色(全12色)
エンジン/グレード別の価格

インジニウムガソリンが新設定

ジャガーランドローバー・ジャパンは、「XF」の2018年モデルを、本日より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注開始する。

「XF」2018年モデルでは、設計から生産まで自社で手がける3種類(最高出力200ps、250ps、300ps)のインジニウムガソリン・エンジンを新たに導入。

最高出力180ps、最大トルク43.8kg-mを誇るインジニウムディーゼル・エンジンを搭載した「ピュア」と「プレステージ」のふたつのグレードには、インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を備えた四輪駆動(AWD)モデルが加わる。

安全装備、XFでも拡充

コネクティビティ機能も強化しており、インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」にはオプションで通信機能を新たに導入し、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時には
スマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能。

歩行者検知機能が付いた自動緊急ブレーキ(AEB)を標準装備し、クルマの周囲360°の映像をタッチスクリーンに表示して運転操作をサポートする。

サラウンド・カメラシステムを強化したフォワード・トラフィック・ディテクションや、車線変更時の衝突回避をサポートするブラインド・スポット・アシストを新たに採用することで、安全性をより高めている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×