AMG GLC63 S「クーペ」 速いが動的性能に課題 実用性と価格にも疑問 試乗記

公開 : 2017.11.27 11:40  更新 : 2017.11.27 12:01

メルセデス-AMG GLC63 Sクーペは、GLC63 Sよりも高価である反面、実用面では劣ります。速さとめずらしさを重視しないかぎり、推薦はむずかしいです。もっともV8で「ふんばっている」ところだけでも評価すべきかもしれませんが……。

もくじ

どんなクルマ?
ミドル級SUVのなかで同社最強
サス/ステア/ギア/音も調整可

どんな感じ?
「まず驚かされるのは、そのサウンド」
動きはライバルに及ばず 実用性も

「買い」か?
スタイルと加速性能重視ならば…

スペック
メルセデス-AMG GLC63 Sクーペのスペック

どんなクルマ?

ミドル級SUVのなかで同社最強

メルセデス-AMG GLC63 Sは、同社の放つ、ミドル・サイズ・パフォーマンスSUVで最もパワフルなクルマだ。

モデル・ラインナップ上、メルセデス-AMG GLC43の上位に位置し、ポルシェ・マカン・ターボやBMW X3 M40iの直接的なライバルとなる。さらに、2018年にはジャガーやアルファ・ロメオからも同クラスの競合車種が導入されることになっている。

現在オーダーを受け付けている来春デリバリー予定の、初期ロットかつ右ハンドルのイギリス仕様車は、ふたつのボディ・スタイルとふたつの仕様から選ぶことができる。

標準ボディに2500ポンド(37万円)を追加することで、クーペ・スタイルを選択することができるといった価格関係。双方のボディ・スタイルに6750ポンド(100万円)を追加することで、よりパフォーマンスの高いSモデルを選択することができる。

GLC63の全てのモデルは、メルセデス-AMG E63で導入された、9速オートマティック変速機と最新の4MATIC 4輪駆動システムを搭載する。この新しいシステムは、電子制御のクラッチを前輪と後輪の間に配し、路面のグリップとトラクションに応じて、適量のパワーを駆動輪に配分する。

サスペンションは、定評のあるAMGモデル達から移植され、フロントにはC63譲りの4リンクを、リアにはE63と同じマルチ・リンクを採用する。

さらにメカニカル・ハイライトがある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事