長期テスト ベントレー・ベンテイガ(1) 装備内容/第一印象は

2018.02.07

サマリー

ベントレー・ベンテイガとの暮らしって、どんなものなのでしょう? これから6カ月。長期テストのはじまりです。

もくじ

べつの種類のひとになる
オプション、何を選ぶべき?
ベンテイガ 走りの第一印象
テスト車について
追加した装備一覧
テストの記録

べつの種類のひとになる

新しい長期テスト車としてベントレー・ベンテイガを迎え入れたのはひと月ほど前のことだ。今は暖房の効いたわたしの車庫の一番前を飾っているもので、他のいろんな愛車の横をすり抜けないとたどり着けない。

まず犬を連れ出すための(想像上の)メルセデスのワゴン、わたしが楽しみで乗っている(想像上の)フェラーリ458、2,3年前に子どものデート用に買った(想像上の)マツダMX-5、そして庭仕事用の(想像上の)フォード・レンジャー。もちろんお手伝いにも(想像上の)フォルクスワーゲン・ポロを持たせているし、向こうの柱の脇にもベントレーがもう1台、(想像上の)コンチネンタルGTスピードがあるのだが、ベンテイガが来た今も手放す決心がつかない。今日は幸いまだいつもより空いている。うちの細君がちょっと街へ行くのに買った(想像上の)フォルクスワーゲン・ゴルフRで友達のところへ出かけている。おっほん。

わたしがお伝えしたかったのは、これから6カ月ベンテイガを維持していくことに何某かの意味を与えるには、べつの種類のひと間にならねばならないということだ。

ベンテイガのオーナーはみなクルマを6〜7台くらいは持っている。邸宅も、ヨットも、ことによるとジェット機まで持っているかもしれない。おまけに自分だけの優雅な1台にするために、この価格帯のクルマには金に糸目をつけないタチなのだ。

われわれは、この16万200ポンド(2400万円)のクルマに3万6950ポンド(560万円)もの素晴らしいオプション装備を加えた。そこででき上がった仕様はもう壮大としか言いようがなかった。

 
最新試乗記

人気記事