イタルデザイン・ゼロウノ・ロードスター ジュネーブ公開 5.2ℓV10、R8と共通

公開 : 2018.02.26 16:40

イタルデザインが自社ブランドで送り出す初めてのモデルとなるゼロウノのオープンモデルがジュネーブで公開されます。フォルクスワーゲングループとなったこのトリノの伝説的デザインハウスが放つスーパーカー第1弾は、同門のR8やウラカンと同じエンジンを積む一方で、そのボディは完全自社設計のようです。

もくじ

イタルデザイン、R8のライバル発表
イタルデザイン製スーパーカー第1弾
V10+クアトロに洗練のエアロダイナミクス
ゼロウノは完全自社開発モデル

イタルデザイン、R8のライバル発表

イタリアの伝説的デザインハウスがアウディR8のライバルとなる初の自社モデルを作り上げた。そのロードスター・モデルがジュネーブで公開される。

イタルデザインのゼロウノは5台のクーペが完売した後、ロードスター・モデルが要望に応えて生み出される。その詳細についてイタルデザインは何も語らないが、ジュネーブでの発表に先駆けて、その名称とともにティザーイメージが公表された。

ゼロウノは5台すべてが既に完売しているが、イタルデザインはオープントップ・モデルのティザーイメージを公開して、このスーパーカーの追加生産に対する顧客からの要望に応える可能性を示唆している。

これはイタルデザイン創立50周年を記念するモデルであり、来月のジュネーブ・モーターショーで発表される予定だ。


イタルデザインにとって初の自社モデルとなるゼロウノ・クーペは、ジュネーブでの公式発表のあと、昨年カリフォルニアで行われたペブルビーチ・コンクール・デレガンスにも、真っ赤に塗られたシャシー番号002の車両が持ち込まれている。さらにイタルデザインは夏に英国のブレナム宮殿で開催されたサロン・プリヴェでもこのクルマを披露している。

関連テーマ

人気テーマ