ロールス・ロイスCEO アストンの新ラゴンダにチクリ

公開 : 2018.03.09 21:10

ロールス・ロイスCEOが、アストン マーティンの新型ラゴンダ・ビジョンについて、コメントをしています。随分率直な物言いだと思ったら、そもそもはアストン側の発言がきっかけのようです。それでも互いを認め合う2社。見習うところも多いです。

ロールス vs ラゴンダ どちらが優勢?

ジュネーブ・モーターショーで注目を集めたのが、アストンのラゴンダ・ビジョンである。大胆なエレクトリック・サルーンで自動運転にも対応、2021年の生産化を予定している。


これに対するロールス・ロイスアストン マーティンの見解が興味深い。

2016年にビジョン・ネクスト100(コードネーム:130EX)を発表したロールス・ロイスのトルステン・ミュラー・エトベシュCEOは、こう話している。

「わたくし共が103Xを世に問うたのが2016年です。ロールス・ロイスが目指すラグジュアリー・モビリティの世界観をお見せしました。あの日から、他メーカーが同じような視点を採り入れたのは明らかです。しかしあのコンセプトは、完全電動、完全自動運転、完璧なビスポークで仕立てたモビリティが究極のラグジュアリーと一体化した唯一無二の存在であったし、これからもそう有り続けるのです」

ロールスのCEOのコメントは、実はアストン マーティン・ラゴンダのクリエイティブ部門を率いるマレク・ライヒマンのコメントを受けたものだ。

ライヒマンはAUTOCARの取材に対して、こんな話をしていた。「ロールスは古代ギリシャのようなもの……」
 

ロールス・ロイス ジュネーブモーターショー2018 アストン マーティン 関連記事

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×