ベントレー・ベンテイガ試乗 V8エンジン追加 価格下がるも完成度高まる

公開 : 2018.03.01 12:10  更新 : 2018.03.01 18:35

機能性に優れたハイエンドSUVに、W12エンジンより一回り小さなV8ガソリンモデルが登場。排気量が小さくなっても、ラグジュアリーさやパフォーマンスの桁外れ具合には、大きな変化はなさそうです。

もくじ

どんなクルマ?
最も訴求力の高いエンジン
常識はずれのラグジュアリーSUV
W12とV8の外見上での違いはわずか

どんな感じ?
恐怖感を抱くほどの加速力
惜しいターボラグとエグゾーストノート
ベントレー・ライクな上質な乗り心地

「買い」か?
V8が高めたベンテイガの完成度

スペック
ベントレー・ベンテイガV8のスペック

どんなクルマ?

最も訴求力の高いエンジン

W12ガソリンとV8ディーゼルに続いて、ベントレー・ベンテイガに3番目となるパワープラントが登場した。極めて機能性に優れたベントレーのSUVにとっては、現時点で恐らく最も訴求力の高いエンジンと言えそうだ。

90度のバンク角を持つ4ℓV8エンジンには、ツインスクロールターボがバンク内に装着されている。このユニットは、ポルシェ・カイエン・ターボにも用いられており、間もなく登場する第2世代のベントレー・コンチネンタルGTにも、搭載されることだろう。

最高出力は549psで、6ℓW12エンジンからは68psほど低くなり、その発生回転数は、1000rpm上乗せの6000rpmとなる。最大トルクは78.3kg-mにも達し、6ℓW12エンジンの最大トルクには13.5kg-mほど敵わないまでも、その他のライバルと比較するとかなりのインパクトがある。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事