ルノー・メガーヌRS新型 「280 EDC」に試乗 FF最速の奪還なるか 評価は?

2018.02.02

サマリー

ルノーが送り出した新型メガーヌRS280。各社からホットハッチがラインナップされる中で、果たして新たなベンチマークの登場となったのでしょうか?  試乗記です。

もくじ

ルノーの分岐点となる新メガーヌRS
徹底的にバージョンアップ
気になる部分も残るインテリア
精彩に欠くシフトパドルとエンジン
センセーショナルなシャシー
新たなベンチマークの登場へ
番外編 アダプティブダンパーに代わる技術
ルノー・メガーヌRS 280 EDCのスペック

ルノーの分岐点となる新メガーヌRS

ルノー・メガーヌRSほど、しっかりしたファンによって賞賛され、支えられているパフォーマンスカーは多くはない。

2004年に登場したメガーヌは、記憶に残る車体後部が丸く膨らんだ「バッスル・バック」スタイリングを装い、ハンドリング性能とドライバーとのコミュニケーションの濃さにおいて、新たなベンチマークを設定した。その後、FF車最速の覇権争いは継続中だ。

いま、そのベンチマークは、新たなライバルの登場によって返還要求が突きつけられている。ホンダ・シビック・タイプRが新たなドライバーズカーとして台頭し、フォルクスワーゲン・ゴルフGTIや間もなく登場するセアト・レオン・クプラR、加えて4WDとなったフォード・フォーカスRSなどが並び、このセグメントでの争いは激しいものとなってきた。まるで近年のルノーによるF1での戦いのように。

このような経緯もあり、この新しいメガーヌRSは、重大な分岐点となるだろう。

クリオRS200が持つ欠点を、メガーヌでは改めることはできたのだろうか? 多くのホットハッチが存在する今、フランスの新星は、肩を並べることができたのか、気になるところ。

タイミングとしては、同じルノーから登場した、とても素晴らしい仕上がりを得たスポーツカー、アルピーヌA110に技術やリソースが傾倒してしまったのでは、と心配してしまう。しかし、幾つかの歓迎すべき朗報は既にわかっている。まずは概要から。

 
最新試乗記

人気記事