AUTOCARの独断と偏見 みごとに期待を裏切られた7台のクルマたち

公開 : 2018.05.03 06:10

感傷的なのか、哲学的なのか、なんだか難解なテーマのように見えますが、実は簡単なことです。要はガッカリさせられたクルマの話。英国編集部員が、期待を抱いて乗ったけれど、みごとに裏切られた体験を語ります。

ホンダCR-Z(2010年)

かつて若者のアイドルだったCR-Xを彷彿させ、ハイブリッドのパワートレインには稀有なMT仕様も設定する。エコフレンドリーで手頃な価格のスポーツカー、のはずだった。しかし、スポーティなスタイリングと126psのパワートレインが抱かせる期待は完全に裏切られた。

エンジン音は感動のかけらすら与えてくれないし、遅いし、エコを看板にしているくせにちっとも経済的でなかったし、期待はずれ以外のなにものでもなかった。これなら2.0ℓディーゼルを積んだフォルクスワーゲン・シロッコやプジョーRCZの方がはるかにマシだ。どちらもグッドルッキングなFFスポーティカーで、経済性もCR-Zより上なのだから。

レイチェル・バージェス:ニュースエディター

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事