ロータスのエンジン、ボルボのリソース利用か いずれも電動化を視野

公開 : 2018.05.10 06:10  更新 : 2018.05.11 15:58

SUV/メインモデルともに電化

4年以内にロータスから発売が予定されているモデルのエンジンについて、ゲールズは次のように話した。「クロスオーバーは、ハイブリッドや完全EVになる可能性もあります」

さらに、ロータスの得意なセグメントのエンジンに関して、ゲールズは電動化を否定しなかった。「今後数年は、スポーツカーには内燃機関が搭載されるでしょう。しかし、マイルドハイブリッドが採用されているかもしれません」

ゲールズは技術の発展に合わせて、このセグメントに完全電動化したパワートレインを投入することにも肯定的だ。

「電動パワートレインは驚異的なペースで発達しています。そしてバッテリーの進化も止まりません」

おすすめ記事