新型メルセデス-AMG Gクラス G63 英国試乗 世界観そのまま、マナー向上

公開 : 2018.09.04 10:10  更新 : 2018.09.05 09:46

過激なAMG仕様のみが、いまのところ英国で手に入る唯一の新型Gクラス。少々過剰気味に感じられることは従来同様ですが、走行マナーははるかに向上、ラグジュアリーさも増しています。従来型のエクステリアデザインを踏襲していますが、大きく進化したという走りを確かめます。

もくじ

どんなクルマ?
スタイリングは先代を踏襲
どんな感じ?
成り立ちはコンベンショナル
見た目からは想像できないインテリア
都会派SUVとも渡り合える走り
「買い」か?
ゲレンデヴァーゲンならではの世界観
スペック
メルセデス-AMG Gクラス G63のスペック

どんなクルマ?

スタイリングは先代を踏襲

アストン マーティンロールス・ロイスなど、高級車ブランドからニューモデルがやっと1台発表されるような期間に、5〜6台のスーパーSUVが発表される、最近の自動車業界。AMGが手を加えた、新しいメルセデス・ベンツ・ゲレンデヴァーゲンが、その盛り上がりに拍車をかけることになる。

先代のスタイリグを踏襲した、大きな変化を感じ取れない四角いボディのクルマに、14万ポンド(1974万円)も払うひとがいるのか、疑問に思う読者もいるだろう。もし多用途性に優れながら、豪華で快適、走行性能にも優れたSUVが欲しいのなら、英国の場合ほとんど同額でベントレーベンテイガが手に入る。レンジローバー・スポーツSVRならより安価に、ランボルギーニウルスも、若干の上乗せで購入できるのだから。

あるいは、新しいG63を心待ちにしていたひとは、騒がしいサイド排気と象徴的なビジュアルを持っているものの、砂場から飛び出してきた様な、少しおもちゃっぽいデザインは、どう映っているのだろう。角ばったボディに飛び出したドアヒンジ、無骨なドアハンドル。いかにも、わかりやすい形のSUVだけれど。

G63のドアを閉めると、綿密に設計されたボディだからこそ聞くことができる、パキン、という重い音を聞くことができる。内包されるドアロックの動作音はかなり大きく、400mくらい離れていてもカチッという音が聞こえそうだ。また、身長が2m近いひとでも屋根が見えず、悪路を走らないドライバーであっても、乗車するにはよじ登る必要がある。

しかし、外観ではわからない、走りの進化に興味は高まる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

メルセデス・ベンツ Gクラスの人気画像

×