アウディS8(D3型)の中古車 ランボルギーニ共通の心臓 維持費やメンテナンスのポイント

公開 : 2018.09.24 18:10

専門家の意見を聞いてみる

ステファン・マーン(レッドライン・スペシャリスト・カーズ)

「これまで15台のD3系S8を販売してきました。非常に面白いクルマなのにも関わらず、エンスージァストからの注目は高くありません」

「BMW M5やメルセデス・ベンツE63 AMGよりも、S8が搭載するクワトロシステムのおかげで、ウェットコンディションでの安定性では有利です。秘められたパフォーマンスも、実際に発揮しやすいといえるでしょう」

「わたしの知り合いに、新しいモデルに乗り換えてしまったひとがいます。彼は予想通り燃費は高くつくけれど、全体的な信頼性は高かったと話していました。抑えておきたいプションは、カーボンパッケージとバング・アンド・オルフセンでしょうね」

知っておくべきこと

多くの補修用パーツは純正相当のOEMとなり、値段も高価。中には入手困難なものもある。オーナーを目指す場合、英国の場合ならプレステージ・モーター・サービスなど、事前に部品を取り扱う専門ショップを調べておくと良い。部品取り車からの中古部品だけでなく、純正相当品の半額程度で新品のサスペンションアームなどを入手できる。

いくら払うべき?

7500〜1万999ポンド(108万〜159万円)

初期の2006年式のクルマで、走行距離は20万km前後。今回、個人売買ながら、整備記録が整ったものが108万円ほどで見つかったが、正規ディーラーなら150万円以上はするだろう。

1万1000〜1万5999ポンド(245万〜325万円)

初期型のクルマ中心ながら、走行距離は浅め。12万kmを走行した2008年モデルが、1万3975ポンド(201万円)で出ていた。

1万6000〜1万8995ポンド(230万〜274万円)

初期型の低走行距離のクルマだけでなく、2009年など後期型の過走行気味のクルマも含まれる。2009年式の走行距離12万kmのクルマが1万6470ポンド(237万円)、最終型の2010年式で10万kmのクルマが1万8995ポンド(273万円)、あるいは17万kmで1万7500(252万円)など。

掘り出し物を発見

アウディS8 登録2007年 走行10.9万km 価格1万5950ポンド(229万円)

比較的短めの走行距離で、整備記録も揃っている。黒のボディにカーボンファイバー・パッケージとバング・アンド・オルフセンを装備した、理想的な1台。保証は3ヶ月のみだから、1480ポンド(21万円)で入れるアウディの延長保証などを前提に、割引交渉をしてもよいだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事