アウディS8(D3型)の中古車 ランボルギーニ共通の心臓 維持費やメンテナンスのポイント

公開 : 2018.09.24 18:10

エグゼクティブサルーンでありながら、ランボルギーニと共通の心臓を持つクルマ。2006年から2010年に製造された、アウディS8には、ランボルギーニ・ガヤルドと基本を同じとする、5.2ℓの V10エンジンを搭載しています。それが今なら、英国では7500ポンド(108万円)から手に入るのですから、興味が惹かれます。

もくじ

ガヤルドと共通するエンジン
覚悟しておきたい安くない維持費
アウディS8(D3型)の中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

ガヤルドと共通するエンジン

もしS8がランボルギーニと共通の5.2ℓの V10エンジンを搭載していなければ、この記事を書くことはなかっただろう。当時は、同時期に存在したメルセデス・ベンツS63 AMGは2気筒多いエンジンを搭載しており、差が大きく、同じ尺度では評価することができなかった。ドライバーズカーとしても、ラグジュアリーなリムジンとしても。

幸運にも、そのモデル間の差が現在の中古車価格にも現れている。2010年式で走行距離9万3000kmのS8が1万8995ポンド(273万円)円で買えるのに対し、15万km以上も走った2007年式のS63の方が、1000ポンド(14万円)も高い価格をつけていたりする。

いま価格も踏まえて考えると、アウディS8は魅力的だと思う。D3型と呼ばれる世代のS8は2006年に発売され、搭載されていた5.2ℓV10エンジンは、2年後にリリースされたランボルギーニ・ガヤルドと共通性の高いものだった。ただし、インジェクターにマニフォールド、エンジンマネージメントのプログラムが異なり、S8が449psを発生していたのに対し、ガヤルドは100psも多い、559psを発生していたのだけれど。

最大トルクは同じ54.9kg-mだったが、発生回転域はだいぶ異なる。S8は3000rpmとリラックスした回転域に設定され、高速クルージングに最適化されていた。もし勢いをつけたいなら、6速ティプトロニックを操作するのがいい。反面ガヤルドはの最大トルクは熱狂的な6000rpm。エキゾチックなクルマに相応しい。

そんな大きなエンジンがフロントに押し込まれているから、スターターモータや点火プラグを交換するには、エンジンを下ろす必要がある。メンテナンスにはそれなりの時間と費用が必要となるのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事