アウディS8(D3型)の中古車 ランボルギーニ共通の心臓 維持費やメンテナンスのポイント

公開 : 2018.09.24 18:10

アウディS8(D3系)の中古車 購入時の注意点

エンジン

基本的に信頼性は高いが、オイルポンプシールやカムカバーガスケットからオイル漏れしやすい。16万km前後で交換したほうがいいだろう。ほかに、スターターモーターの交換にはエンジン本体を、点火プラグやコイルの交換には部分的にエンジンを下ろす必要があり、費用はかなりかさむ。

整備記録はすべて整っていることが望ましい。エンジンオイルは、高品質なものが使われているかどうかも、確認しておきたい。容量は10ℓ。V10エンジンだから、こまめにエンジンオイルは交換しておきたい。

パワートレイン

急激な加速を頻繁に行うと、ティプトロニックの異音を招き、変速トラブルを起こす可能性がある。

サスペンションとブレーキ

サスペンションノイズ、特にフロント側からの異音がないか確認する。フロント側には、上下2本づつ、左右合わせて8本のサスペンションアームがある。ブッシュは消耗品ながら単体では入手できず、アームまるごとの交換となり、それぞれ250ポンド(4万円弱)の値段がする。幸い、リアサスペンションは堅牢。

ブレーキも高価で、フロントディスクは約460ポンド(7万円弱)、ブレーキパッドは430ポンド(6万円)もする。カーボンファイバー製のディスクなどの設定はない。
また電動サイドブレーキの動作も確認しておきたい。修理には1000ポンド(14万円)ほどが必要になるようだ。

ボディ

アルミニウム製のボディに凹みや歪みがないか、しっかり確認する。修理が難しい場合もある。ボディの修理が正しく行われていない場合を除いて、サビは珍しい。

インテリア

組み立て精度は極めて高く、さらにS8の場合はキーレススタートを含む、先進的な技術が搭載されていた。すべてが正常に動作するか、確認しておきたい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事