実車 アウディPB18 eトロン・コンセプト R8後継か パリショー2018

公開 : 2018.10.03 23:30

アウディはEVスーパーカー「PB18 eトロン」をパリで欧州初披露しました。R8の後継とうわさされるこのコンセプトカーは3基のモーターにより764psを発揮します。最新の固体電池を搭載し、航続距離は最大500kmとのことです。

最高出力764psのEVスーパーカー

アウディはR8の後継ともいえる電動スーパーカー、PB18 eトロン・コンセプトの実車をパリで公開した。

PB18という名称の由来でもある2018年ペブルビーチ・コンクール・デレガンスで発表されたこのモデルは最新の水冷式固体電池を搭載し、3基のモーターにより764psを発揮する。

荷室下部に搭載されるバッテリー容量は95kWhで、WLTPサイクルにおける航続距離は500kmに達するとのことだ。

そのボディは現行R8よりも若干大きく、全長4530mm、全幅2000mm、全高1150mmとなっている。しかし、アルミニウムとカーボンファイバーなどを組み合わせた結果、車重は1550kgに抑えられている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事