新型BMW X6 M、600ps越えに M5の4.4ℓV8搭載 2019年登場

公開 : 2018.10.05 11:30

フルモデルチェンジするBMW X6 MはM5の4.4ℓV8を搭載するようです。ラインナップには400psのM50dも存在する可能性もあります。エクステリアはX4似。これまでと比べるとトランクリッドは高い位置にあることがわかります。

もくじ

新型X6、上海モーターショーで登場
Mパフォーマンスやディーゼルモデルも
X4似のエクステリアデザイン
メルセデスからはGLEクーペも

新型X6、上海モーターショーで登場

新型BMW X6 Mが目撃された。パフォーマンスSUVクーペとしてM5の4.4ℓV8エンジンを搭載し、期待される出力は600ps以上だ。

X6 Mは第3世代X6シリーズのトップに君臨するモデルで、来年4月に開催される上海モーターショーを照準に、開発が進められている。

生産は現行と同じく、米国サウスカロライナ州のスパータンバーグ工場で行われるようで、すでにテストのためプロトタイプの生産が行われている。

今回はX6 Mのほかにも、通常のX6のプロトタイプが目撃されている。

次項でエンジン・ラインナップについて予想する。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事