新型キア・ソウルEV発表 パワー、航続距離が向上 LAショー

公開 : 2018.11.29 15:00  更新 : 2021.03.05 21:36

キアは現在開催中のロサンゼルス・モーターショーにおいて、新型キア・ソウルのEV仕様を発表しました。ガソリンモデルは年内に追加発表される予定です。204psのモーターに64kWhのバッテリーが組み合わされ、500km近い航続距離を実現すると見られます。

もくじ

ガソリンよりもEVを先に
64kWhバッテリー 最新装備も充実

ガソリンよりもEVを先に

キアは新たにEV化された新型ソウルをLAモーターショーで発表した。デザインや技術面でのアップデートに加え、クロスオーバーのeニロに使われているものを改良したパワートレインを使用している。

EV仕様が先に公開され、スタンダードなガソリンモデルは年内に発表予定だ。新型ソウルのエクステリアデザインは旧型から大きく進化している。先代同様のボクシーなシルエットはそのままに、前後のデザインや灯火類が刷新されその個性を主張する。

EV版独自の装備は、空力を重視した上部デザイン、塞がれたグリル、専用のLEDライトなどだ。先代と同様、空気抵抗を意識した専用の17インチ5スポークホイールが装着される。充電ポートはフロントバンパー内に埋め込まれている。

ソウルEVはeニロの最上位グレードゆずりのバッテリーとモーターを搭載する。この最高出力は204ps、最大トルクは40.8kg-mに達する。これは先代ソウルEVよりも11.2kg-m増強されている。加速性能などは明らかにされていないが、0-97km/h加速はより重いeニロの7.8秒以下となるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事