海外ニュース

2018.11.17

VWが、260万円前後のEV開発中 コンパクト・クロスオーバー

編集部より

VWが、5つ目のI.D.モデルについて言及しました。初代ビートル、ゴルフのような成功を、EVでも実現すべく、260万円程度の価格設定が予想されます。

もくじ

Tロック・サイズ 安価なEV、2020年発売
航続可能距離 約300kmか
ライドシェアにも使用

Tロック・サイズ 安価なEV、2020年発売

フォルクスワーゲンは手頃な価格帯のEVモデルを開発中だと認めた。

コンパクトなクロスオーバーの形をとる5人乗りモデルで、車高が高められ、Tロックに近いディメンションで登場するようだ。I.D.にラインナップされるモデルのひとつで、ネオと名付けられたハッチバックとともに2020年に発表が予定されている。

現在の計画では、このモデルは2022年に発売が開始され、VWのハーバート・ディエスCEOによると、価格は2万ユーロ(257万円)ほどになるという。

ネオ、クロス、バズ、ビジョンの量産仕様に続き、I.D.で5番目となるこのモデル。価格設定は、VWが現代の生活にあった新しい電動自動車を作り、かつての初代ビートルからゴルフへと繋がる成功をもう一度成し遂げようとする意思を感じさせるもの。

ディエスはフォルクスワーゲンのEV計画の青地図を描く人物であり、最近ではテスラ・モデル3の半分程度の価格を目指したものを開発中だと語った。おそらく4年以内に発売されるはずだ。

next page航続可能距離 約300kmか

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ