実車 ジープ・グラディエーター 前面ガラスを倒すと… LAショー

公開 : 2018.11.29 19:21  更新 : 2019.06.09 16:10

「ジープ・グラディエーター」の実車写真8枚です。ラングラーをベースにした新型ピックアップ・トラックで、LAショーに2台展示。前面ガラスを倒した様子も撮影されています。

北米発売は2019年中盤

ロサンゼルス・モーターショーで発表されたジープ・グラディエーター。新型ラングラーをベースにしたピックアップ・トラックである。

注目のラインナップは、「スポーツ」「スポーツS」「オーバーランド」「ルビコン」というトリムを用意。北米発売は、当初の予想よりも早く、2019年の第2四半期にはショールームに並ぶという。

エンジンは、既報の通り2種類を用意。どちらもエンジンストップ/スタート機能が付く。

3.6ℓペンタスターV6(285hp/35.9kg-m)には、8速オートマティックと6速マニュアルをラインナップ。

3.0ℓエコディーゼルV6(260hp/61.1kg-m)は、8速オートマティックが2020年に北米発売される。

アプローチアングル:43.6°
ブレイクオーバーアングル:20.3°
ディバーチャーアングル:26°
最低地上高:281mm

ロサンゼルス・モーターショーの会場には2台のグラディエーターが登場し、前面ガラスを倒し、ドアを外した状態を披露。左右のAピラーを結ぶヘッダーバーは、JL型ラングラーと同様にフロントウインドウを倒しても残り、走行中にリアビューカメラを本来の位置で使用することができる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事