ピックアップトラック、普段使い可能? ジープ・グラディエーター 長距離試乗

公開 : 2022.07.08 11:55

アメリカン・ピックアップトラック「ジープ・グラディエーター」が注目されています。いざ長距離試乗へ!

もくじ

最強にして最大のジープが上陸!
嬉しい悩み 荷台をどう使うか?
見た目ワイルド 堅実な使い勝手

最強にして最大のジープが上陸!

AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan

これを待っていたんだ! というファンも多いはず。ついに話題のジープが上陸を果たした。ジープのピックアップトラック「グラディエーター・ルビコン」である。

全長×全幅×全高=5600×1930×1850mm。ホイールベースは3490mm。

グラディエーターは構造的にはラングラー・アンリミテッドを延長した派生モデルといえる。

だが2ドアや4ドアモデルのように車名にラングラーの文字は入らず、グラディエーターが車名となっている。

グラディエーターのホイールベースはラングラー・アンリミテッドよりさらに480mm延長された3490mm。

全長は5600mmというから、スタンダードホイールベースのロールス・ロイス・ファントムよりほんの少し短いだけという巨体の持ち主だ。

キャビンはダブルキャブ仕様の5人乗りで、その後ろにはピックアップトラックの象徴というべきオープンの荷台が備わっている。

それ以外の部分、つまり車体の前半分はラングラー・アンリミテッド・ルビコンのそれとほぼ同一と考えていい。

3.6L自然吸気V型6気筒は、284ps/6400rpm、35.4kg-m/4100rpmを発揮。燃料はレギュラー・ガソリン。8速オートマティックを組み合わせる。

エンジンはおなじみの3.6L自然吸気のV6ガソリンで、ギアボックスは8速AT。フルタイムのAWDシステムはロックトラックと呼ばれるルビコン用で、センターコンソールにはデフロックやスウェイバー(スタビライザー)をコントロールする電気的なスイッチが備わっている。

サスペンションは前後ともにコイルリジッドとなる。

現在、日本にたった1台しかないブルーの試乗車を借り出したわれわれは、アメリカン・ピックアップトラックらしい使い勝手を試すべく、ロングドライブに繰り出してみた。

ジープ・グラディエーター 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

おすすめ記事


ジープ グラディエーターの人気画像