続報 スズキ・ジムニー車中泊用フラットベッド 荷室に積めるの? 重さは?

公開 : 2019.02.01 15:43  更新 : 2019.02.01 15:45

スズキ・ジムニーの車中泊に使えるフラットベッド。その続報です。荷室に積めるの? 重さは?という疑問を解決すべく、開催中のキャンピングカーショーで現物確認!

ジャパンキャンピングカーショー2019に展示中

スズキ・ジムニー/シエラ用フラットベッドキットが、本日開幕した「ジャパンキャンピングカーショー2019」に展示されている。先日ご紹介した第1報には、「ジムニーの荷室に積載できるの?」「どのくらい重いかな?」というコメントが届いていたので、現物を確認してきた。

キャンピングカーメーカーのトイファクトリー社で技術部設計室を率いる森部長にお話を伺ったところ、「積載できます」という答えを頂いた。

本製品の正式名称は、「101 TentCar スズキジムニー&シエラ(JB64W/JB74W)専用コンフォートフルフラットベッドキット」。4枚のマットで構成されており、すべてを積み重ねるとジムニーの荷室にしっかり入るそうだ。

荷室に収納するために、4枚重ねた場合の厚みは約25cmにおさめている。つまり、本製品を積んでいても、4名乗車で出かけられるわけだ。

また、4枚まとめた場合の重量は10数kg。1枚ずつなら片手で簡単に持ち上げられる。

ベッド展開は、まず運転席をフラットにしヘッドレストを外して座面に横たえる。続いて後席をフラットにすれば、あとはマットを敷くだけ。

スズキの純正装備だけでフラットベッドを使えるようにしたのがトイファクトリーのこだわりだ。

ベッドの寸法も確認してきた。

関連テーマ